電子タバコの仕組みと成分の解説します

近年急激に人気となっている電子タバコは、海外ではファッションの一つとして、若者を中心にブームとなっています。喫煙者の人であれば、電子タバコのことは知っているかもしれませんが、液体のリキッドを、水蒸気にして吸引するたばこのような器具で、電気を使ってたばこを吸う感覚を味わうことができることから、禁煙や減煙だけではなく、ファッション感覚で利用している人も少なくありません。火をつかわず、ニコチンも含まれていませんから、健康にも無害で人気となっています。一見、電子タバコからでる煙は、副流煙のように見えますが、水蒸気ですから、周囲の健康にも配慮した商品といえます。また、たばこのようなヤニ臭さもないため、部屋や衣服に嫌な臭いがつくこともないため、女性にも人気となっています。

電子タバコとたばこの違いとは何か

電子タバコとは、たばこの形をした吸引器によってミントやフルーツなどのフレーバーをつけた、水蒸気を吸引するものです。吸引器は、カートリッジに入った液体を、バッテリーを加熱することで蒸気を出すという仕組みになっているため、火をつかわず、安全なものとなっています。リキッドには、さまざまな香りがありますから、自分の好きな香りを、その日の気分によって選ぶことができ、パーツも数多く販売されていますから、オリジナルの電子タバコを作ることが可能です。多くの人が、禁煙目的で電子タバコを利用使用と考えているかもしれませんが、電子タバコには、ニコチンが入っていませんから、ニコチン依存に陥っている場合には、禁煙するのは難しいといえます。ただ、たばこを吸うという行動依存の場合には、本物のたばこを吸っているような臨場感をあじわうことができますから、禁煙や減煙は可能かもしれません。

電子タバコのリキッドにはどんな種類があるのか

日本国内で製造・販売されている電子タバコは、薬事法によって規制がされているため、ニコチンは入っていません。どうしてもニコチン入りのリキッドを購入したいという場合には、海外から輸入する必要があります。ただ、海外製のリキッドには、日本のような厳しい検査を受けていないものもあり、有害物質が含まれているという可能性もあり、トラブルもありますから、信頼できるサイトで購入することが大事です。ニコチンなしのリキッドは、国内でも販売され、多くのフレーバーが発売されています。たばこ味だけではなく、フルーツやミント、チョコレートなどさまざまなものがありますから、その日の気分によって使い分けるという使い方も可能です。ニコチンがないため、これだけで禁煙するのは難しいかもしれませんが、たばこと併用することで本数を減らすことは可能です。